読みました。

喘息の発作で眠れない夜があり、どうせ眠れないならおきよう!と決して、「夫のちんぽが入らない」読みました。

ありがとう、喘息!笑

おかげで、ずっと読みたかった本読めたよ!

無駄にポジティブ。

いろんな夫婦の形がありますね。
リアルな切実なセックス問題。

そういえば昔私も入らない事件、ありました。
以前初体験の話をしましたが、実はその前に処女卒業未遂がありました。

その時の相手は生まれつきの血管の病気で、右足が 左足の3倍はあるほど太く、おちんちんにも血のかたまり?なのか、丸いボコボコがいくつかありました。

二人とも初めて同士ということもあり何度も挑戦しましたが結局挿入ですることはできず、未遂に終わりました。

私はセックスできないこと以前に、すぐに病気のせいにして弱音を吐いてウジウジしてばかりいる彼の性格が好きになれず、
「何十万に一人の病気っていうけど、逆にいえば日本に一人じゃないんでしょ?同じ病気の人はいるんだし、世界中にはもっと重い病気の人もいる。なんでも病気せいにして逃げて、男らしくないよ!」
と、冷たい言葉を吐き捨てさよならしました。

そーゆー私は五体満足で生まれてきているのに。
もっと彼のことを解ろうとしてあげればよかったと今になって思います。

彼は今どうしてるかな?無事に童貞卒業できただろうか?むしろ名器になって、、、
いやそこまでなってなくても、病気だと言う事を強みに変えるぐらいたくましく生きててくれれば少しはふったかいがある⬅何様!?

特に思い入れや未練があるわけでもなんでもないけどそんなことをふと思いました。

本当セックスだって人それぞれいろんな形があると思う。

しかしうちの旦那は一体どこでどう性欲を処理しているのだろうか。

風俗はおろか、女の気配も皆無。
やっぱり携帯動画?妄想?

なぞです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする