「 コラム 」一覧

メリケンサック

まだ、なんとか耐えられている。

会いたいと思う時間を副業にそそいで順調に稼いでいる。

 

10代のころ、暇と寂しさを埋めるためにセックスしていた私は、愛のないセックスは何も生み出さないことを学んだ。ただ、性欲を満たしたいだけなら、最初からそれさえ満たされればそれでいい、それ以外何も望まないと腹をくくったほうがいい。

寂しさを埋めるためのセックスは、余計寂しくなるだけだ。

ホテルを出たときの、あの眩しすぎる朝日に現実を突きつけられる瞬間の、なんとも言えない、耐えがたいほどの絶望。

思春期特有の憂いもあったのだろうけど、自分の存在全て、空っぽだと言われてるような、何のために生きてるのかわからない空虚感。

もお、あんな思いはしたくない。

 

逆に、アソビのセックスを覚えてしまったある意味オトナ?な自分もいて、

 

人生の限られた時間を決して無駄にするな!よく考えろ!

 

と、自分の中のワタシが言っている。

 

どこまでやれるんだ!おまえは!

天秤

試練の時。

今1番試されてる時。

 

独身の頃の私なら、ママになる前の私なら、いとも簡単にこの試練に落選してた。

 

会いたい、連絡したい、気持ちを抑えてるのに必死。

 

こどもが絡むと、こんなにも自由に恋愛できなくなるなんて、こどもができる前は想像もしなかった。

リスクをとる生き方を簡単に選べないのは、こどものために本能的に長生きしたいと思うからなのか、

単純に年を重ねていろんなことを経験して考えるようになったから未来を見据えて冷静に判断できるようになったからなのか、

頭も心もガチガチになってしまっただけなのか、、、

 

 

本当はもっと、軽やかに生きたいけれど、やっぱり冷静にならずにはいられない。

 

これがオトナになるってことなのか、、、親になるってことなのか、、、

 

なんにせよ、会いたいとかそういう欲や甘えを仕事に打ち込むエネルギーに変えて、それさえも金にかえてやろうと、今は必死。

 

どこまでやれるんだ!?私!!!

ハナミズキ

ハナミズキってこういう花なんだ。歌でしか知らなくて、なんだ、結構身近に咲いてるんだ、と思った今日この頃。

 

彼氏と別れました。

妻子持ちを完全に好きになってしまったから。

で、妻子持ちとも連絡とるのを辞めました。

仲悪いとか、嫁浮気してるかもとかいっても、どおせこどもといたくて離婚しないんでしょ?

妻子持ちを好きになっても、私には未来はない。

 

しばらくは、自分のこと、娘のこと、これからのことで頭いっぱいにします。男に現を抜かしてる暇なんかないの、忘れてた。

 

焦って再婚相手探すのも辞めよう。できなきゃできないで、それなりに自分で娘育てていく覚悟と、現実的なこと考えなきゃ。

 

あー、世の中金だよ、金。

きれい事いったって、結局金は必要だ。自分一人なら雑草食べようが何しようが生きていけるけど、こどもにそういう思いはさせたくない。

 

人並みの人生を送らせてあげないと。

 

でも、もお、こどもの前でもかっこつけたりせず、ありのままの自分で向き合っていこうと思ったんだ。

 

こどものために再婚するんじゃなく、好きだな、一緒にいたいなと思える人と結婚したい。こどものためにって心から好きとは思えない人と妥協して結婚して、結局またダメでした、なんて、もお離婚はやだ。

 

好きなものは好きと、ダメなものはダメと、そういえるママで在りたい。

いつも無邪気に笑っていられる、そんなママに、私はなりたい。

エゴイスト

こどものためこどものためって、結局親のエゴのような気がして、押しつけがましい愛情を注ぐくらいなら、いっそ自分本位に正直に生きて、あるがままの姿をこどもにも見せていこうかと。これはいいわけでしょうか?

 

妻子持ちを好きになっても明るい未来など来ないのはわかるのに、抑えようとすればするほど抑えられないから、抑えるの辞めようか。

 

辞めたらどこまでいくのか、私。

敵わない、叶わない

妻子持ちを好きになった自分が愚かなのはわかるけど、やっぱりどこかで一緒になりたい、もっと一緒にいたいとか期待しちゃってて

離婚の話しが出たってきいたら、
ますますもしかしたら、なんて思ってしまった。

こどもには敵わないよな。

どう考えても、例え奥さんに気持ちがなくても、こどもとは離れなれないと言われたら、何も言えない。

離婚しないで済むといいと思いつつ、
本当は離婚すればいいと心のどっかで思う自分がいる。

で、彼氏がいるのに、ますます妻子持ちに夢中になる

愚か者。

魔物。

恐れていたことが、、、

というか、恐れてる時点で、こうなることはわかっていた。

私、絶対不倫だけはしないと思ってた。

関係なかった。

軽々と、易々と、いとも簡単に、

妻子持ちの男性と一線を越えた。

もお戻れない泥沼に、自ら高々とジャンプして飛び込んだ。

一気に頭まですっぽり浸かってしまった。

パパ活

パパ活という言葉をはじめて知った。

てっきり、イクメンパパのことかと思った。

全然違った。

女性が、男性から肉体関係は結ばずに金銭的に支援をうけること。

らしい。

そんな需要と供給が成立するなんて。

夢のような話しだ。

よっぽど、カリスマホステス並みの力量がないと、、、

できることならそんなパパと出会いたいもんだ、、、ヨダレ(´¬`)

私は無駄にプライドが高いから、というより、意地っぱりだから

人の世話になりたくない!自力で自立してこどもも大学までいかせる!

と気をはっているけど、実際気持ちと現実が追いつかない。

パパ活、、、、、

興味はひかれるな(^-^;

やろうとしないけど、、、

まだ。

ひなまつり。

初節句のときは、両家よんでいろいろ自分で準備したっけな。両方の母に手伝ってもらいながら。

旦那は酔っぱらって寝ちゃって、それにたいしてブチギレたっけな。

まさか三回目のひなまつりにはもお両家揃ってないとはね。

離婚してはや5ヶ月がたとうとしています。

彼氏との仲も決して悪くはないけど、やっぱり娘のこととか将来のこととか考えると、本当にこれでいいのかと不安になることも。

そんななか、ふと、離婚直前にコミュニティサイトで知り合って少しだけやりとりした男性のことを思い出す。

元気かな?連絡してみようかな、、、
やっぱやめた。

なんてしてたら、次の日その人から電話が!!電話なんてしたことなかったのに。

間違いかなと思いでると、特にようはないみたい。笑

ほらほら、でたでた。

昔からそう。

こうゆうのが“魔”ってゆうんだよ。

で、うっかり会ったりして、いろいろあることを“魔が差した”と。

昔から、その時付き合ってる人との関係に不安を覚えたりすると、なーんかこうゆうことが起こる。

どこかで誰かがみてるみたいに。

試されてるみたいに。

油断大敵。

だけど、会ってみたい気もしてしまった。声をきいたら。

不倫はやだから何が起きても体の関係にはならないけど、会うだけなら、、、

会うだけなら、、、からスベテは始まるんだろうな。

油断禁物。

アブラカダブラ

初めてプラセンタってものを買ってみた。
黒ごま納豆にショウガ紅茶、プルーンと豆乳、あとはストレッチ。

呼び覚ませ、私の女性ホルモン!!笑

できることは全部やってもおっぱいは復活しないのかもしれないけど、ちょっとでも肌のハリと潤いを取り戻したい。

もお、、、必死です笑

ゾンビ

バツイチこもちでも恋愛したっていいでしょ!と思ってたけど、

そんな甘くはなかった。

誰にでも平気で懐く我が子が、彼氏にだけ懐かない。むしろ拒否。

本能的に、ママとられると思ってるのだろうか、、、

離れてるため、つきいちしか会えない。

元旦那の面会と同じ頻度。

元旦那には普通に接してる我が子。

面会の時は向こうの家族も一緒。

混乱させちゃうよなぁ、、、(>_<)

再婚はまだまだ先になりそうです。